News & Topics
たすくからのお知らせ

【7/27(土)@札幌】困り感™に寄り添うサポートのための保護者様向け研修会

2019年7月11日 木曜日 / カテゴリ:札幌円山

IMG_1166

学齢期から備える意思決定支援と経済的サポート

子どもを路頭に迷わせたくない。しかし、親だけで将来を決めてもいけない。

 発達が心配な我が子に「安心して地域生活を送ってほしい」という思いは、ご家族やその支援者がもつ共通の思いでしょう。しかし、生きづらさのある子どもたちにとって、この当たり前のことを成し得るには、いくつもの心配事があります。

地域で長く暮らすためには、本人が重要な意思決定を下さなければならない場面があったり、度重なる制度変更への対応力が欠かせなかったりして、幅広いリスクに備えておく必要があるからです。

お子さんの意思決定の力を育て、経済的な備えをする

特にコミュニケーションに困り感のある子どもは、自分の思いをまとめたり、優先順位をつけて話したりすることが苦手です。しかし、お子さんが自立した生活を営むためには、思考力や意思決定が不可欠です。さらに、お子さんの意思決定に基づく地域生活を支えていくには、金銭管理も重要です。例えば、成年後見や信託・遺言などの経済的サポートを想定する必要があるでしょう。

そこで、今回の講演会では、後見・信託・遺言・相続等に関するの専門家であり、かつ、障がいのある双子のお父さんでもある上田健介氏からは「障がいのある子への成年後見制度活用のポイント」というテーマで、たすく札幌教室の渡邊からは「子どもの意思決定する力を育むポイント」というテーマで、保護者の皆様に知っていただきたいことを濃縮してお伝えします。

開催概要

日にち:2019年7⽉27⽇(土) 9:30-11:45(開場9:20)
 ※たすく札幌教室では、ご希望の方を対象に、一家族ごと完全予約制で、個別相談会も行っています。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

会場:北海道立道民活動センター [かでる2.7] 1030会議室>>Googleマップ

内容:
「障がいのある子への成年後見制度活用のポイント」 上田健介さん(一般社団法人ななかまど 特定行政書士&CFP)
「子どもの意思決定する力を育むポイント」 渡邊 倫(たすく札幌教室 教室長)

後援:北海道教育委員会、札幌市教育委員会
   一般社団法人札幌手をつなぐ育成会、北海道自閉症協会札幌分会(札幌ポプラ会)、NPO法人北海道学習障害児・者親の会クローバー(申請中)
 ※教育委員会、地域の地域の親の会よりご後援をいただきました。ありがとうございます。

対象 費用
保護者 無料
学生 500円
療育・教育・福祉などの支援者 3,000円

登壇者のご紹介

上田健介さん(一般社団法人ななかまど 特定行政書士&CFP)

上田氏

学生時代からの夢であった北海道暮らしを実現するため、2008年に兵庫県から移住。民間企業に勤務していたが、双子の子供がそれぞれ障がいを抱えたことを機に退職。数年の介護専念期間を経て、2016年より後見・信託・遺言・相続等に関する相談・提案業務を行っている。

渡邊 倫(札幌教室 教室長)

渡邊先生

発達障がいのある子どもの療育者として第一線で活躍する。たすくグループのアセスメントライセンス取得者として、幼児~青年期のメンバーのアセスメントと家族支援を行っている。また、そのアセスメントのノウハウを生かし、都教委と協働した機関コンサルテーションに携わり、児童生徒のアセスメントと事例検討会を行い、専門機関のコンサルティングにも従事している。2019年4月にたすく札幌教室 教室長に着任。詳しいプロフィールはこちら

お申込み、お問い合わせ

下記のフォームよりお申し込みください。またはお電話でのお申し込みも可能です(火〜土曜)。
TEL/FAX: 011–676–4949

 

お申し込みされる方のお名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
[必須]

所属(保護者の方はお子さんの所属、それ以外の方はご自身の所属) [必須]
お申し込みプラン  保護者(無料) 学生(500円) 支援者(3,000円)
弊社へのご質問等があれば、ご記入ください。
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:0467-23-2156)

Share Button

【7月30日〜8月10日@札幌】発達の凸凹が心配なお子様の個別相談会を開催します

2019年7月11日 木曜日 / カテゴリ:札幌円山

IMG_1087

お子さんの発達についての質問にプロの視点でお答えします

夏から秋にかけて、進学・就学に向けた準備が本格化します。

例えば、年長さんの親御さんでは、教育委員会の就学相談を受けたり、候補になる学校の見学に行かれる方もいるでしょう。また、お子さんが中高校生であれば、お子さん自身が自分の進路を決めるための情報収集として、オープンキャンパスなどに参加しされるかもしれませんね。

そしてもう1つ、1学期をなんとか乗り越えてきた子どもたちのご家族が、状態の変化や支援体制の再構築のために動き出す時期でもあります。

子どもの育ちを支援するためには、まず子どもの困り感をよく観察して、理解に基づく対応をしていくことです。つまり、リスクに備えて予防する。

備えるべきリスクはお子さんによって違います。たすくの個別相談会では、特別支援教育の学校現場で年間1000名以上実施しているアセスメントを行い、ご相談を承ります。この機会に、ぜひお申し込みください。

私たちの役割は「予防医療」のようなもの

たすくメンバーは、幼児期から青年期まで幅広く、それぞれの年代に応じた学校などに通っています。たすくでは、すべてのメンバーに、就学・進学・進級に対するサポートを日常的に行っています。それは、「現在の課題と将来への不安」が、ご家族にとって負担となるからです。ご家族のメンタルヘルスケアの視点からも、重要なテーマだと認識しています。

ご家族が見落としがちなポイントが、『大人が困っていること』と『子どもが困っていること』は、同じではないということ。ご家族・お子さん全員が笑顔になれるよう、専門家の知恵の経験を元に、アドバイス致します。

アドバイス内容はレポートにしてご報告

子育てに携わるご家族や、園や学校の先生に、お子さんをどう理解し、どう接してもらえば良いかなど、周囲の環境を整えるための伝え方が難しいですよね。

アドバイス内容はレポートにして差し上げますので、ぜひ周囲の方と共有ください。

例えば、こんなお悩みをお持ちのご家族のお越しをお待ちしております

お子様の発達に関するあらゆる悩みを承りますが、たとえば下記のようなお悩みはございませんか?お気軽にお問い合わせください。

「行動」のお悩み

落ち着きがない、こだわりが強い、攻撃的(ぶつ・蹴る)、友達とトラブルが多い など

「言葉・勉強」のお悩み

言葉が遅い、読み書きが苦手、聞き間違いが多い、特定の勉強が苦手 など

「対人関係」のお悩み

自信がない、友達と会話できない、やる気がない、人の話を聞いていない など

開催概要

日時:
 2019年7月30日〜8月10日 (1)15:00〜16:00 (2)16:30〜17:30
   ※先着順で空いている時間帯にご案内いたします。

会場:たすく札幌教室(札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F)>>Googleマップ

費用:初回無料 (2回目以降5000円。ご紹介の場合は3,000円)

担当者のご紹介

tasuc_0803

渡邊 倫(札幌教室 教室長)

発達障がいのある子どもの療育者として第一線で活躍する。たすくグループのアセスメントライセンス取得者として、幼児~青年期のメンバーのアセスメントと家族支援を行っている。また、そのアセスメントのノウハウを生かし、都教委と協働した機関コンサルテーションに携わり、児童生徒のアセスメントと事例検討会を行い、専門機関のコンサルティングにも従事している。詳しいプロフィールはこちら

上記の渡邊を中心に、経験豊かな専門家が担当いたします。

お申込み、お問い合わせ

下記の内容を電話またはお問い合わせフォームにてお知らせください。
TEL: 011–676–4949

お申し込みされる方のお名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
参加可能日[必須]  7/30(火) 7/31(水) 8/1(木) 8/2(金) 8/3(土) 8/6(火) 8/7(水) 8/8(木) 8/9(金) 8/10(土)
お子様の年齢や相談内容をご記入ください。
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:0467-23-2156)

Share Button

【2019年7月】たすく各教室にて発達障がい児の支援技術に関するワークショップを開催します(第2回 J☆sKeps研究会)

2019年6月27日 木曜日 / カテゴリ:News & Topics 国立 新宿早稲田 札幌円山 横浜センター南 研修会に関する情報 自立の学校・横浜 豊橋 鎌倉 長野 鹿児島

IMG_9716

たすく療育を全国に広めたい!たすく療育のポイントを伝える研修会を全国で開催します!

 「J☆sKepsTM研究会」は、熱意溢あふれる教育・療育・福祉・医療などの専門家の皆様と、発達障がいをお持ちのお子様を育てているご家族に向けて、発達障がいに関する最新の知見や、私たちがたすく療育で培った経験に基づく実践についての情報を共有する会です。今年度は全6回で開催致します。

 第2回となる今回のテーマは、「支援技術 〜ABAやTEACCHから学ぶ〜」です。子どもたちのJ☆sKepsTM(学習を支える学び)を伸ばし、様々なスキルを身に付けていくためには、どのような個に応じた支援を行うことが望ましいでしょうか。背景となる考え方や理論、具体的な解説、指導技術等についてワークショップ形式でお伝えしていきます。

J☆sKepsTMとは?

 J☆sKepsTMとは「Japanese Seven Key Points (7つのキーポイント)」の略で、代表の齊藤が国立特別支援教育総合研究所の研究者時代にまとめたものです。

 発達障がい児に対する臨床場面をビデオ分析し、「主体性」「行動管理」「コミュニケーション」「模倣」「認知」の5分野において、”子どもたちが多くのことを学ぶためのポイント”を明文化しました。

J☆sKeps画像

 J☆sKepsTMを学ぶことを柱に療育を進めることが、基本的人格を形成し、主体的な生活を送るための近道です。

お子さんのJ☆sKepsTMを踏まえた支援技術

 ABAやTEACCHなど、さまざまな支援技術がありますが、日々刻々と変化する子どもたちに向き合うためにも、正しい支援技術を使うことが大事です。今回のJ☆sKepsTM研究会では、J☆sKepsTMを通じた子ども理解を踏まえ、どのようにお子さんを支援していくのか、具体的な方法をワークショップ形式でお伝えします。

開催概要

鎌倉御成

  • 日時:2019年7月13日(土) 14:00 〜 16:00(開場 13:45)
  • 会場:カルチャースペース鎌倉 (〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目12−35若宮大路ビル3F)>>Googleマップ

札幌円山

  • 日時:2019年7月13日(土) 9:30 〜 11:45
  • 会場:北海道立道民センターかでる2.7>>アクセスマップ

長野

近日公開いたします。

新宿早稲田

  • 日時:2019年 7月6日(土)14:15〜16:30(開場14:00)
  • 会場:たすく新宿早稲田アセスメントセンター>>アクセスマップ

国立(くにたち)

  • 日時:2019年 7月13日(土)15:00 ~ 17:00(開場 14:45)
  • 会場:たすく国立教室>>アクセスマップ

横浜センター南

  • 日時:2019年7月13日(土)14:00 〜 16:15(開場 13:45)
  • 会場:かけはし都筑(都筑区荏田東4-10-3港北ニュータウンまちづくり館内)>>Googleマップ

豊橋

  • 日時:2019年7月13日(土)14:15 〜 16:30(開場 14:00)
  • 会場:豊橋商工会議所508会議室>>Googleマップ

鹿児島

  • 日時:2019年7月20日 14:15 ~ 16:30(開場 14:00)
  • 会場:かごしま県民交流センター(鹿児島県鹿児島市山下町14−50)>>Googleマップ

料金

                                                 
コース受講料金
一般12,000円
発達障害のお子様を育てている保護者の方6,000円
学生6,000円
第2~6回をまとめてお申し込み(オリジナルテキスト(※)付。各教室の日程とテーマはこちらをご参照ください55,000円
 ※第2~6回をまとめてお申し込みいただいた方には、たすく療育の全てが詰まったオリジナルテキストを差し上げます。
 たすくの療育7

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。

お名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
申し込み教室
[必須]
 鎌倉 札幌 長野 新宿早稲田 国立(くにたち) 横浜 豊橋 鹿児島
料金コース
[必須]
 一般(¥12,000) 保護者(¥6,000) 学生(¥6,000) 全5回お申し込み(¥55,000)
ご所属(保護者の方はお子様の学年を記入) [必須]
ご質問等あればご記入ください。
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:03-6273-9436)

Share Button

たすく札幌教室 副教室長の山本へのインタビューが北海道新聞に掲載されました

2019年6月18日 火曜日 / カテゴリ:News & Topics 札幌円山

IMG_1093

たすくの療育教室には多くの作業療法士が在籍しています

作業療法士は、日常生活の動作や、さまざまな作業活動を通して、身体と心のリハビリテーションを行う専門家です。病院の他、様々な現場で活躍しています。

たすくにもたくさんの優秀な作業療法士が在籍し、療育の現場でお子さんの発達をサポートしています。

今回、北海道新聞のくらし報道部の記者の皆様が「多方面で活躍する作業療法士」を取材されるなかで、たすくで輝いている作業療法士にもご注目頂き、札幌教室の副教室長を務める山本春香に取材いただきました。

山本は、札幌医科大学 保健医療学部 作業療法学科を卒業後、函館市内の療育センターの作業療法外来にて経験を積みました。その中で、幅広い年齢の発達障がいや肢体不自由の方々に対して、外来の枠の中では出来ることに限界があることを感じていた時にたすくと出会い、たすくの「発達障がいのあるお子さんへの一貫性と継続性のある支援体制」に魅力を感じ、2018年に入社しました。

北海道新聞に掲載された記事の中で、山本に関する部分を、引用のルールに則って、以下に掲載します。(注:文字の色は弊社にて変更しております。)

 発達に心配のある子供の療育現場で専門性を生かす人も増え始めた。子供の発達支援を手掛ける「たすく札幌教室」の副教室長で作業療法士の山本春香さん(30)もその一人だ。


 子供の行動の観察や親への聞き取りを通し。子供の苦手な部分を見極め、一緒に遊んだり勉強したりしながらより良い発育につなげている。山本さんは「本人の身体の状態に合った寝具や筆記用具を選ぶだけでも生活が落ち着き、問題行動が減ることがある」と話す。


 自閉症や学習障害などの発達障害は生まれつきの脳障害が原因とされ、物事を計画的に進められなかったり、音や光などへの感覚過敏を伴ったりすることがある。脳の働きに関する基礎知識があり、生活動作の改善を担う作業療法士の活躍が期待されるが、作業療法士がいる療育施設は全国でも数%にとどまっている。


北海道新聞 2019年6月15日 「リハビリ指導、介護予防、障害児療育 作業療法士 広がる役割」

たすくで働くことに興味のある方はぜひお問い合わせください!

たすくでは、インターンシップなどを通し、学生の皆さんに「療育」に携わる専門家の仕事を理解いただく機会を設けています。

また、7月6日(土)には会社説明会を新宿早稲田で開催いたします。こちらは新卒・既卒に関わらずご参加いただけますので、「療育」に興味のある方はぜひお問い合わせください。

Share Button