News & Topics
たすくからのお知らせ

たすく研修の最高峰!「たすく療育2019」研修の参加者を募集いたします

2019年4月15日 月曜日 / カテゴリ:News & Topics 新宿早稲田 研修会に関する情報

IMG_0035

地域の発達支援を率いるリーダーを育てたい。発達に凸凹があるお子さんの指導者向けの専門研修会です。

たすく療育2019は、たすくのライセンス検定講座をシリーズ化して、内容を充実させたものです。この研修会は、たすくの志に共感してくださっている方々が、地域の特別支援教育や発達障がい児支援を引っ張るリーダーになっていただけるよう、知識や実践研究成果を伝承することを目的にしています。

たすくの研修事業で、最も高度なトレーニングが、この専門家のための特別トレーニングです。たすくが保持する全ての療育メソッドをお伝えできるよう、複数回の研修とトレーニングを提供いたします。具体的には「三種の神器」や「特性の理解と活用11項目」、「7つのキーポイント(J☆sKeps)」、「支援技術」などの「メソッド」を余すところなくお伝えいたします。

さらに、メソッドだけでなく、「ネットワーク」も培うことができます。この研修の修了者は、たすくの「アドバイザー・スタッフ」として、また「チーフ・スタッフ」としてトレーニングや講師に加わることができ、お住まいの地域で、一貫性と継続性のある支援のための様々な取り組みに、たすくの協力を得ることもできます。

志のある専門家の皆様との出会いを、私たちも楽しみにしております。

開催概要

本研修の目標

たすくのアセスメントや療育メソッドを、ワークショップをとおして具体的に学ぶ ・マテリアル(基本知識)、メソッド(実践)ライセンスを取得する

日時・内容・費用

                                                                                                               
日時概要単回申し込みの料金
第1回5月12日(日)10:00~16:00ガイダンス、行動問題等20,000円
第2回6月9日(日)10:00~16:00認知、感覚処理問題、社会性20,000円
第3回7月7日(日)10:00~16:00マテリアルライセンス検定講座 (オリジナルテキスト「たすくの療育7」を網羅)50,000円
第4回7月27日(土)10:00~16:00メソッドライセンス講座 (J☆sKepsTMアセスメント実行)50,000円
第5回7月28日(日)10:00~16:00メソッドライセンス検定 (ライセンス取得のための検定試験)50,000円
第6回9月8日(日)10:00~16:00実践への応用のためのワークショップ20,000円

6回分を一括でお申し込みの方は、20万円となります。(1万円お得です!)

会場

たすく新宿早稲田アセスメントセンター(新宿区馬場下町1-1 東京メトロ早稲田駅下車 徒歩2分)>>Googleマップ

講師

代表 齊藤 宇開

saito_main

その他、経験ある専門家が講師を行います。

申し込み特典

弊社オリジナルテキスト「たすくの療育7」(最新版)、各回プレゼン資料、教材等。また、たすくメソッドライセンスの合格者には、合格証書を差し上げます。(※合格率は、例年50%程度です。)

お申込み、お問い合わせ

下記のお問い合わせフォームからお申し込みいただくか、内容を電話、FAXにてお知らせください。
TEL/FAX: 03-6273-9436

お名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
申し込み回
[必須]
 全6回お申し込み 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
ご職業  保護者 教員 療育関係 福祉関係 医療関係 学生
ご勤務先
ご質問等あればご記入ください。
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:03-6273-9436)

Share Button

【5/9(木)まで】母の日にたすくのギフトはいかがですか?

2019年4月10日 水曜日 / カテゴリ:News & Topics

mainvisual_hahanohi

お母さんに感謝を込めて。たすくの母の日ギフト

もうすぐ母の日ですね。いつも頑張っているお母さんに感謝の気持ちを届けませんか?

たすくの運営するスイーツ工房「鎌倉 very very Berry」では特製マフィンとケーキをご用意。そして、18歳以上の就労を支援する「トライフル」では素敵な寄せ植えを作成しました。

「お母さん、ありがとう」という願いを込めて、たすくがお届けするスペシャルギフト。5/9(木)までにお申し込みください!

鎌倉 very very Berryとは

発達に凸凹がある青年たちが、自立するためのスキルを身につける場所として、たすくが運営しているスイーツ工房です。プロのレシピで、味に手加減なし! そして、トライフルに在籍する青年たちが、たくさんの「ありがとう」の気持ちを込めて、丁寧に丁寧に作っています。

trf_lwc_ph03

トライフルとは

18歳以上で、「仕事をしたい」「自立したい」と思っている方へ、トライフルはプログラムに基づいた青年期の療育・支援を行います。自信をもって将来の道を切り拓くために、アセスメントから将来の就労に役立つスキルを身につけます。

trf_lwc_ph04

リンゴンベリーとくるみのマフィン10 個入り

IMG_0390 (1)

てんさい糖を使った柔らかい甘味で、リンゴンベリーとくるみの香ばしさが引き立つマフィンです。リンゴンベリーコンフィチュールを添えて、酸味と甘味をお楽しみください。(リンゴンベリーコンフィチュールはあり/なしを選べます。)

プチベリー

ご注文はこちらから

リンゴンベリーとくるみのケーキ(3号 – 直径 11cm)

IMG_0399

リンゴンベリーとくるみのマフィンのケーキバージョンです。添付の粉砂糖をお召し上がりの直前にお掛けください。 リンゴンベリーコンフィチュールを添えると、味のバリエーションが広がります。(リンゴンベリーコンフィチュールはあり/なしを選べます。)

ご注文はこちらから

季節のお花寄せ植えギフト(7 号 – 直径21cm)

IMG_4039 (1)

トライフルの生徒が育てたお花を寄せ植えギフトにしました。これからの時期にお花を楽しめる 5-6 株を厳選し、心を込めてギフトラッピングを施してお送りさせていただきます。(※寄せ植えの花の種類は変わることもございます。)

ご注文はこちらから

ご注文をお待ちしております!

感謝の気持ちを伝えるギフトとして、ぜひご活用ください。お母さんご自身からのご注文も大歓迎です。気持ちが上がるスイーツ&お花で、日々の疲れを癒してくださいませ。

Share Button

Q. 来年小学校に上がるのに、通常の学級にするか、個別支援学級にするか迷っています

2019年3月25日 月曜日 / カテゴリ:News & Topics 教室ブログ 横浜センター南

a0cf92954e40486004aa64c5485d8859_s


たすくの先生が保護者の皆様からよくいただく質問に一生懸命に答えるシリーズです。今回の質問はこちら。

Q.4月から年長の男の子です。来年小学校に上がるのに、通常の学級にするか、個別支援学級にするか迷っています。通常の学級でお友達の影響を受けつつ成長してほしいなぁと思いつつ、落ちこぼれてしまうのは本人にとって辛いのではないかと思ったり、迷います。どのように決めるのが良いでしょうか。

たすくの先生がどうしたらよいか、一生懸命に考えてみました

こんにちは。たすく療育・横浜センター南教室の鹿島真知子です。
お子さんにとって最適な環境をと思う親心、よくわかります。小学校で、良い刺激を受けて、ぐんぐん成長してほしいですね。そこで、お子さんにとって良い環境とは、どんな環境かを具体的に考えてみたいと思います。

お子さんを取り巻く社会環境を理解しよう

まず、お子さんを取り巻く社会環境を「システム理論」で整理したいと思います。

「システム理論」では、社会環境を大きく二つに分けて説明しています。一つは「静態的システム」、もう一つは「流動的システム」と呼ばれます。この二つの違いは、以下のようにまとめられます。

静態的システム 一定の決まった情報のみで構成され、変化があまりなく、お子さんにとって予測しやすく、安心できる環境
流動的システム 非常に多くの新しい情報が飛び交い、この先何が起こるか予想ができないけれど、経験の共有により、人からたくさんのことを学べ、可能性が無限大に広がる環境

システム理論1

一般的な社会環境は、流動的システムと言えます。小学校では、通常の学級は流動的システムで成り立っており、高度なスキルを求められます。個別支援学級は、基本的に静態的なシステムを提供するけれど、流動的なシステムに移行する練習をする場だと考えられます。

一旦、ここまでの話をまとめておきましょう。

通常の学級と個別支援学級の違いのまとめ

通常の学級 流動的システム(先が予測できず、可能性が無限大に広がる世界)で成り立っており、高度なスキルを求められる。
個別支援学級 基本的に静態的なシステム(先が予測出来て、安心できる世界)を提供するけれど、流動的なシステムに移行する練習をする場。

お子さんはどちらのシステムで力を伸ばせるでしょうか

次に、お子さんは、どちらのシステムで力を伸ばせるかを考えます。私たちは、日本独自のASD支援のための教育プログラムとして特別支援教育の研究者や教員により開発されたJ☆sKepsTMという指標で、お子さんの「自ら学ぶ力」を測っています。

J☆sKepsTMで評価する7項目

      1. 学習態勢 自ら学習する態勢になる力
      2. 指示理解 自ら指示に応じる、指示を理解できる力
      3. セルフマネージメント 自ら自己を管理する、調整する力
      4. 強化システムの理解 自ら楽しいことや嬉しいことを期待して活動に向かう力
      5. 表出性のコミュニケーション 自ら何かを伝えようとする意欲と個に応じた形態を用いて表出する力
      6. 模倣 自ら模倣して、気づいたり学んだりする力
      7. 注視物の選択 自ら課題解決のために注視すべき刺激に注目できる力

J☆sKepsTMは、人や活動に対して注目したり、働きかけようとしたりする意欲「主体性」を冠にして、5区分に分類することもできます。

J☆sKeps画像

このJ☆sKepsTMの平均点が3.0以上になったら、流動的システムで学べる力が備わったと考えます。つまり、通常の学級で力を伸ばすことができるお子さんだと考えられるわけです。

システム理論2

例えば、先生の話をうっかり聞きそびれたとき、周りの子の様子を見て何をするべきかを確認し、行動することはよくあることだと思います。この場合は、自ら注目するべきものを探し(7. 注視物の選択)正しいモデルを見つけたから同じことをした(6. 模倣)と分析できます。

しかし、もし何を見たらよいかわからなかったら、模倣することができず、結果、「できなかった」というマイナスな感情をもたらし、自己不全感につながってしまう恐れがあります。そうなると、次のチャレンジをしなくなってしまい、学習の機会が減ってきてしまうでしょう。

お子さんに合った環境とは、お子さんがちょうど良いチャレンジをして達成感を感じつつ力をつけていける環境だと考えます。ですから、お子さんの今の力を評価して目標を定めることが一番大切だと思います。そして、その目標達成のためにどんな環境が適しているのかを見定めたいですね。

最も大切なことは「お子さんの将来の夢」を描くことです

もう一つ、忘れてはいけない大切なことがあります。 それは、お子さんの将来の夢です。どんな大人になりたいか、どんな大人になってほしいか。今はまだ小さいので、具体的に想像することは難しいかもしれません。 でも、夢を描くからこそ、実現に向かうことができるのです。

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる。」
これはウォルトディズニーの言葉です。

一緒に、お子さんのJ☆sKepsTMを評価してみませんか?
そして、お子さんの夢、ご家族の夢に向かって歩むための道のりを描きましょう。

お子さんのJ☆sKepsTMを評価してみませんか

私たちは「お子様を『理解する』ことからはじめる」という言葉を旗印に、お子様の状態をJ☆sKepsTMの指標で評価するアセスメントを最も重視しています。たすくの専門性を感じていただく機会として、入会前に簡易のアセスメントを行うことが可能です(有料)。家庭や園、学校での様子や、困っていることをじっくりお伺いした後、専門家がトータル・アプローチの視点でアドバイスいたします。お近くの教室までお気軽にお問い合わせください。

お名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
お子様の年齢
(学年)
お子様の性別   
申し込み教室
[必須]
 鎌倉 札幌 新宿早稲田 横浜 国立(くにたち) 豊橋 長野 鹿児島
相談内容等
自由記載欄
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:0467-23-2156)

Share Button

【4/19(金)@札幌】幼稚園・小学生のお子さんを育てるご家族向けに講演会を実施します

2019年3月20日 水曜日 / カテゴリ:News & Topics 札幌円山 研修会に関する情報

tasuc_0805

たすく札幌教室の渡邊が講演。アセスメントに基づく療育・教育で子供の未来を拓こう!

 子どもたちが多くことを学ぶには、人や活動に自ら働きかける『主体性』が大切になります。しかし、新学期、新しい環境で、うまくいかないことが顕在化してくることがあります。アセスメントで子どもの状態がわかり、将来の課題を理解すれば、一人一人にオーダーメイドの学習支援ができます。まず「子どもを理解する」ことから始め、無限の可能性を伸ばしましょう。

こんな悩みはありませんか?

  • ✓ 手先が不器用で、文字が崩れる。
  • ✓ 授業の板書に時間がかかる。
  • ✓ 言いたいことが、まとまらない。
  • ✓ 自信がなくて、取り組めない。
  • ✓ 集団の中で、上手に振る舞えない。

お子さんは、意欲がないわけでも、ふざけているわけでもない

お子さんの困りごとの裏に、大きな特性が隠れていることがあります。特性を踏まえて支援することで、お子様が生き生きと長所を伸ばすことが出来ます。この機会にぜひ専門家の視点を学び、日々の育児に取り入れていただけますと幸いです。

開催概要

テーマ:アセスメントに基づく療育・教育で子供の未来を拓く

開催日時:2019年4月19日(金) 10:00〜11:45 (9:45開場)

場所:札幌市男⼥共同参画センター多⽬的室(札幌市北区北8条⻄3丁⽬札幌エルプラザ内)>>アクセス

対象:幼稚園・小学校のお子さんをお持ちのご家族

料金:※大人一人あたり、一回参加の料金です。

     
プラン名 詳細 料金(研修一回ごと)
保護者プラン 発達に心配があるお子様を育てている保護者の方 3,000円
ご家族プランお二人以上のご家族(大人)でお越しの方。ご夫婦だけでなく、祖父母やご親戚も含みます。 1人目は3,000円。2人目以降は1人あたり2,000円。
紹介プラン たすくメンバー、学校、クリニック、その他療育機関等からのご紹介 2,500円
学生プラン療育を学びたい学生の方 1,000円

講師

渡邊倫

渡邊 倫
北海道教育大学附属学校教諭を経て、2008年より民間の発達支援専門チームTASUCの創業メンバーとして、幼児〜青年期の学習支援を重ねる。現在は、都教委の委託事業として機関コンサルテーションも行なっている。

紹介ページはこちら

お申し込みはこちらから

下記の内容を電話、またはお問い合わせフォームにてお知らせください。
TEL/FAX: :011-676-4949

 

お申し込みされる方のお名前
[必須]
姓    名 
ふりがな
[必須]
姓    名 
電話番号
(携帯可)
[必須]
E-mail
[必須]
郵便番号
住所
[必須]

お子様の年齢 [必須]
参加希望日時(※複数選択可)  4/19(金)講演会
お申し込みプラン  保護者プラン ご家族プラン 紹介プラン 学生プラン
弊社へのご質問等があれば、ご記入ください。
お問い合わせのきっかけ
個人情報についての同意
[必須]
 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意いただける場合はチェックを入れてください。プライバシーポリシーはこちら

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

システムの状況により送信が完了されない場合がございます。その際は、恐れ入りますがお電話にてお問い合わせください。(TEL:0467-23-2156)

皆様のお申し込みをお待ちしております。

Share Button