たすく鎌倉由比ガ浜 本部
教室案内

ホーム > 教室案内 > たすく鎌倉由比ガ浜 本部
たすく鎌倉 由比ガ浜 本社
たすく鎌倉 由比ガ浜 本社で療育に取組む私たちが大切にしていること
最適

私たちがとても大切にしていることは「最適」であるということです。

検査をしないで手術をする医者はいません。
なぜ、検査をするのか。それは、最適な治療方法を検討するためです。療育においても同様です。
アセスメントを行い、子どもにとって最適な療育環境は何か?最適な療育内容は何か?教材の選択から教え方、ステップアップの進み方、全てが一人ひとりに応じたものでなければいけません。

日々発達する子ども達に、最適な環境で最適な療育内容を届けたい。
それが、私たちが大切にしている想いです。

どんな教材がいいかな?

どんな教材がいいかな?

どんな教え方があっているかな?

どんな教え方があっているかな?

専属スタッフ

坪山 伸子

総務長 坪山 伸子

ひとこと
お気軽にお問い合わせ下さい

坪山 伸子の紹介ページはこちら

姫野 洋子

総務主任 姫野 洋子

ひとこと
私がたすくの窓口です♪

姫野 洋子の紹介ページはこちら

たすく鎌倉 由比ガ浜 本部の様子

外観

由比ヶ浜教室の外観はたすくカラーのブルー

応接室

応接室にはさまざまな資料があります

外観

たすくのロゴマーク看板がお出迎え

学習エリア

ここでアセスメントを行います

アセスメントってどんなことをするの?

ある1日のプログラム例 たすく鎌倉 由比ガ浜 本社の様子

ご利用の流れ

ご利用の流れ

たすくアセスメント(年1回)

検査をしないで、オペをする医者はいません。私たちは年に1回のペースで行うアセスメントを重視しています。スタッフとご家族が一堂に会し、直にお子さまの様子を共有することで、お互いが情報を共有して、トータル・アプローチを実現することができます。
家庭療育や学校での指導にも役立てていただくように、アセスメント・レポートやDVDなどの資料を作成します。

  • 1. 各分野の専門家が、心理・行動・認知・身体などを、トータルに評価します
  • 2. ご家族や支援者に同席していただきます
  • 3. 子どものピークの力を知り、明日からの療育に役立つプログラムを作成します
アセスメント
アセスメントの特徴

アセスメント約2時間、協議約2時間。 昼食などを含め、全部で約5時間かかります。 報告書やビデオ等、「アセスメントBOX」にして進呈します。 ご家族とともに、延べ450名以上のアセスメントを積み重ねてきました。

療育の三本柱

たすくメソッドに基づく療育では、個人別の課題学習、身体づくり、ソーシャルスキルプログラムを重視します。療育は、ワーキングメモリの不全を解決する視点移動・空間認知などの知覚(Perception)からスタートさせ、協調運動、社会性への アプローチにつながるサイクル(Perception-first cycleTM)を、「道標」としています。
また、感覚と脳に関する身体づくりをとおして、判断(Judgement)や運動企画(Programming)、実際の運動(Action)について、アプローチしていくことに特徴があります。
  • 1. 個人別の課題学習
    「学習の基礎」
  • 2. 身体づくり
    「脳と身体」
  • 3. ソーシャルスキルプログラム
    「自己表現・他者信頼・社会的要請」
療育の三本柱

グループ学習とモデル学習を用いて、「自己表現(アサーション)」と「社会的スキル(ソーシャル・スキル・トレーニング)」の両面を学びます。

ダウンロード

入会までの流れなど詳しい情報をご用意しております。 下記よりダウンロードしてください。

たすくグループ リーフレット(PDF)
たすくの療育紹介(PDF)
ご入会までの流れ(PDF)

たすく鎌倉由比ガ浜 本部へのアクセス

たすく鎌倉由比ガ浜 本部

[アセスメントセンター]
たすくの本社及び、年一回のアセスメントを専門的に行う場所です。
〒248-0014
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目23-15
鎌倉駅東口を出て、若宮大路を由比ガ浜方向に
徒歩15分。簡易裁判所の裏にあります
E-mail:info[a]tasuc.com