たすく

Blog

たすく代表日記

2022.11.18カテゴリー:未分類

【代表ブログ】発達障害情報・支援センター

VIETNAM JAPAN

<センターとして>
今回は、国リハ(国立障害者リハビリテーションセンター)の発達障害情報・支援センターについて、真面目に紹介したいと思います。
 前職の特総研(国立特別支援教育総合研究所)時代の上司である西牧謙吾先生が、国リハの病院長に転勤して取り組んだ、家庭、教育、福祉の「トライアングル」プロジェクトの成果といえます。https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1404500.htm
 そもそも縦割り行政と言われている我が国では、教育と福祉の溝を埋める取組が必要不可欠です。先ずは発達障害児者を支援するセンターとして国リハが、発達障害情報・支援センターとしてポータルサイトを立ち上げ、運用をはじめることは大きな挑戦だったと思います。
http://www.rehab.go.jp/ddis/

<内容を見ればスゴいことが分かる>
 とにかく、先ずは内容を見た方が良いと思います。
 真っ先にお勧めしたいのは、「発達障害を理解する」です。
http://www.rehab.go.jp/ddis/understand/facts/
TASUCでも「理解が先」という言葉を使っていますが、結構踏み込んでいて、他の頁よりも面白いです。
 次にお勧めしたいのは、発達障害教育推進センターの動画やQ&Aです。
http://cpedd.nise.go.jp/qa/kosodate/shugakumae
就学前のところは充実していますね。もうこれだけで十分です。児童発達支援事業などでは、絶対使おうと思います。(同僚だった先生たちの声の響きが心地良いですね〜)
 最後にお勧めしたいのは、「日本にほんらす外国がいこくにルーツをもつ発達障害児はったつしょうがいじ家族かぞくへの情報提供」です。TASUCの新川崎教室では、外国にルーツをもつ方の相談があって、実際に役に立ちました。日本を含めると20カ国の言語に訳されています。
https://hattatsu.go.jp/special/pamphlet-for-foreign-parents/

<みんなで築き上げていく視点>
 今回の発達障害情報・支援センターのサイトのスゴいのは、必ずアンケートにたどり着くことでしょう。情報は確かに古くなることもありますし、もっと知りたい情報がユーザーからあったりするかもしれません。そこで、Googleフォームを使ってアンケートを実行し、改善するという仕組みです。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfiRHFCvsvxmbSIyn0RYizD-WWjCyRKr34bsAjv6G2_IRscvw/viewform

<国リハが目指す「繋がる」こと>
 知り合いの研究者、先生も含めて,皆の努力の結晶が、この発達障害情報・支援センターのサイトです。予算もおそらく皆さんが想像している以上に少なくて、かえって「思い」の詰まった内容になったんじゃないか、そんな熱意を感じました。しかし、未だに個別の支援計画は義務化されておらず、国の動きは遅い。支援の切れ目にはずさんな引き継ぎに終始する傾向があります。ゆりかごから墓場まで支援の蓄積がされないのは、どうしてでしょう?そのためにも国リハの取組に学び、一足ずつを踏み出していく必要があります。

西牧謙吾先生(国リハ病院長・右)、外岡資朗先生(鹿児島県こども総合療育センター・中央)

ブログのトップへ戻る

たすくグループ
発達障がいの教育的支援

たすく代表日記

tasuc.com