たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.05.01カテゴリー:著者:

札幌エリアでアセスメントに基づく個別療育を!

『新体制でスタートします!』
 たすく札幌は、4月から教室長が変わり、
新たにエリア長を配置した新体制でスタートします。
私たちは、「安心して子育てができる」地域づくりのために、
ご家族中心の子育てができる支援のあり方を目指しています。


 このたび、新教室長として「山本春香」が着任しました。
これまで発達領域の作業療法を専門として、地域療育センターで長く勤めてきました。その専門性を生かしつつ、子どもの個の力とご家族の子育て力を高めていくトータルケアサービスを行える専門機関として、教室運営に努めてまいります。
 また、前教室長の「渡邊倫」は、エリア長として札幌教室に在任いたします。ご本人とご家族に必要な療育・教育サービスをコーディネートする業務に加え、これまでの専門家連携事業の経験を生かして、療育・教育機関等の支援も行っていきます。

『3つの事業を進めます』
 お子さまを自立させたいと思っているご家族と協働した療育事業と、各ライフステージの子育てに携わる学校・支援機関を訪問する協働コンサルテーション事業を行っています。
今後も関係機関の皆さんとの連携を深めてまいります。
◉子どもの“主体的に学ぶ力”を評価するJ☆sKepsアセスメント
◉個の力を高めるための個別療育
◉チームの問題解決力を高める学校等外部コンサルテーション

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは、自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

私たちは、一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸として、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。
お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。

タグ:

この記事を書いたスタッフ

admin_sapporo

admin_sapporo

私たちは,発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 札幌教室は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指しています!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

札幌

TEL.011-676-4949

tasuc.com

〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F
地下鉄東西線「西18丁目駅」1番出口から徒歩3分