たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.02.25カテゴリー:著者:札幌教室スタッフ

違和感を解消する

 ご家族が感じる違和感

 たすく札幌には、3歳未満のお子さんとご家族も相談に来られます。

ご家族の皆さんは、お子さんの発達に、何か違和感を覚えておられました。
例えば、反応が少ない、言葉が少ない、やりとりが成り立ちづらいなどです。
ところが、同時に気をつけたほうがいいことが何か分からないと、打ち明けられます。

今と将来を考える

 ご家族は、小さいうちだからできることがあるはずとおっしゃいます。
では、子育ては、愛情をもって見守ってさえいればいいのでしょうか?
たすく札幌では、お子さんを理解する関わりを大切にします。
特に、ご家族に対して「お子さんが今、どのような状態であるか?」、
「ちょっと先の将来の課題は何か?」を具体的にお伝えするようにしています。

家庭での関わり方が変わる

 教育相談や個別療育では、先生とご家族が一緒に参加することで、
お子さんの行動の意味がわかるようになります。そして、ご家族自身が、ポイントを共有できるようになるので、関わりが変わります。その結果、いつもの遊びや暮らしの中で、人との関わる力がより一層育まれるのです。

発達障害があってもなくても、
子どもの発達に違和感を感じていたら、迷わずご相談に来てください。

2021年度幼児の個別療育 メンバー募集

 

 児童発達支援事業をご利用になって『個別療育』を受けることができます。

札幌エリアは、福祉事業所の設置が充実した街であり預かっていただける場所が身近にあります。また、子どもの発達評価には、クリニックが中心に支援が充実しています。ところが、人格形成のための個別プログラムを提供していく支援機関は、とても少ないのです。

 私たちは、注意深い子育てをするための家族支援や診断前支援を提供することが、地域課題だと考えています。そこで、たすく札幌では、幼児期のお子様には、児童発達支援事業で『個別療育』を提供することにいたしました。

個別相談[要予約]

日程:3/6(土).7(日).20(土).21(日)

時間:13時・14時半・16時

 

タグ:

この記事を書いたスタッフ

札幌教室スタッフ

札幌教室スタッフ

私たちは,発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 札幌教室は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指しています!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

札幌

TEL.011-676-4949

tasuc.com

〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F
地下鉄東西線「西18丁目駅」1番出口から徒歩3分