たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2020.12.15カテゴリー:著者:札幌教室スタッフ

実践発表からたくさん学べた“教材マスターの集い”

こんにちは、たすく札幌の渡邊です。

12月13日、教材マスターの集いMAXを開催いたしました。

教材マスターのみなさんが集う!

教材マスターのつどいMAXは、
年2回開催されるご家族による実践発表で、私たちが大好きな企画です。
日々の療育支援の実践をしているご家族や支援者の皆さん、

教材マスターの方々との実践交流の場です。

今回は、2組の小学生のご家族に、発表していただきました。

メンバーの実践からたくさんの学びがある

この企画は、ご家族による実践紹介のほか、教材を持ち寄ってワークショップを行い、

使い方の工夫や改善策を話し合うなどの演習があります。

しかし、2020年はコロナ禍の中でのオンライン開催だったため、

ワークシートとチャット機能をフル活用して行いました。


演習では、そのテーマを

「子どもの状態を理解すれば、社会参加のための具体的な療育支援が行える」と題して、

実践家の皆さんの見立てをご紹介し合うストレングスアプローチを行いました。

・「具体的な困りごと」

・「手立てや配慮の意図」

・「具体的な手立てや配慮」

ご家族、支援者は一緒になって熱く語り合い、

たくさんの気づきを得ることができました。


2021年度  療育プログラム参加者募集

2021年度入会をご検討のご家族にむけて、個別の教育相談を実施しています。

タグ:

この記事を書いたスタッフ

札幌教室スタッフ

札幌教室スタッフ

私たちは,発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 札幌教室は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指しています!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

札幌

TEL.011-676-4949

tasuc.com

〒064-0802 札幌市中央区南2条西20丁目2-1ワコービル2F
地下鉄東西線「西18丁目駅」1番出口から徒歩3分