たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.12.19カテゴリー:著者:横浜教室スタッフ

日々の感謝の気持ちを込めて磨き上げる✨

こんにちは。

たすく横浜センター南教室の吉澤です。

12月に入り、寒さが厳しくなってきましたね。

そして気が付けば来週はもうクリスマス。そうしたら翌週は年末ですね。

年末といえば「大掃除」皆様のご家庭の進捗はいかがですか?

我々の教室では毎週少しずつ計画的に業務の合間を縫ってやるようにしています。

毎日の掃除ではなかなか手の届かない箇所をやっつけています👍

療育中メンバーさんと向き合っている「机」

日々使っているとペンのインクや穴(?)、好子で使用する玩具をぶつけたりする時にできる引っ掻き傷などなど生活感が出てきてしまうものです。

聞くところによるとこの机はセンター南教室開室時から愛用しているものだそうで、買い替えも検討したのですがせっかく木の机を使っているので自分達でメンテナンスをしようと合意し、実行しました。

まずはサンダーで削ります。⚡️

この工程で表面の傷を落とし、綺麗にします。

まず、粗めのやすりで削り落とし、細かいやすりで研磨していきます。

最後にオイルを塗ります。

ニスなどでコーティングされている家具はオイルメンテナンスは不要ですが、

教室の机はコーティングを剥がし無垢な状態ですので、オイルはとっても重要です。半年に一度はオイルを塗る必要がありますが、

「手がかかる子ほど可愛い」ということわざと同様で、

メンテナンスすることで愛着が湧くものです。

教室スタッフみんなで感謝を込めて塗りました!

これで完成!

あじのある程よく綺麗な机になりました✨

物を大切にしていくことは人に対しても大切に関わっていくことにつながっていると思います。

新しい物をサッと購入するのではなく、物を大切にする心子どもたちにもその想いを伝えていきたいと思います。

先日階段を磨いていたら帰る子が、

「今度手伝ってあげるからねー」と声をかけてくれました。

そういう優しさが心に染みますね。

これからクリスマス、大晦日と大忙しだと思いますが、

皆様も子どもたちと一緒に感謝の気持ちを込めて家具を磨いてあげてくださいね。

(偉そうに綴っておりますが、私の家はまだ掃除全くできておりません・・・笑。がんばりましょう💦)

タグ:
大掃除心を込めて感謝

この記事を書いたスタッフ

横浜教室スタッフ

横浜教室スタッフ

私たちは発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 TASUC個別療育・横浜センター南は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指します!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分