たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2022.05.07カテゴリー:著者:鹿島真知子

人生、楽しまなきゃ損損!〜ポジティブシンキングの習慣〜

こんにちは。たすくの鹿島真知子です。
今週はお日様をたっぷり浴びられる、気持ちの良い日が続きましたね☀️

たすくでも、「お出かけノルディック」に行ったり、
みんなで集まって手作り教室・プログラミング教室を開いたり、
楽しいイベントが沢山ありました🎶


私の座右の銘は「人生、楽しまなきゃ損損!」
そんなこと言った著名人いましたっけ?
表現は違えど、いろんな人が、たぶん、言ってます。

生きていると、本当にいろんなことがあります。
壁にぶち当たることのなんと多いことか!
小さな壁がとめどなくやってくるのも萎えますし、
大きな壁がドーンと立ちはだかると進むのを諦めたくなる時もあります。

そんなとき、その出来事を脳内でどう処理をするかで、人となりを創り、環境も作っていくのだろうな〜と感じられる出来事がありました。


たすくに通うお子さん(Aくん)のお母さん(Bさん)との会話の中で感じたことです。

Aくんは、文字を書くことに苦労しています。
言葉の発音にも苦労しています。
それは、体幹が弱いこと、中枢神経から末梢神経への指令がうまくいかないことが要因として考えられます。

そこで、Bさんは、体幹を鍛え、指先や足先にぐっと力を入れ、口を閉じて舌を上顎につけて力を入れ続ける運動をAくんにさせたいと考え、ボルダリングのできるスクールを探し始めました。

Aくんに合ったスクールを探すのは容易ではなかったそうです。
「障がい」というワードを聞くと、本人に会う前から断られることも少なくなかったそうです。

「そういうとき、私は燃えるのよ」と笑うBさん。
「たすくは、ないものを作るって言ってましたよね!私も、扉をこじ開けるのが大好きなんです」
「ものごとが簡単に進んだら、成長しないでしょ。壁にぶち当たって、どうやって乗り越えるか考えて行動する過程が大切なんだと思うんです。そうやって、親も成長していくんですよ。」


Bさんと話していて、たすくナビゲーター(理念・信条・行動指針を示す資料)のある一節が頭に浮かびました。

常に新しいことに挑戦します。
勇気をもって、誰よりも先に、人と違ったことをする!
私たちは、前人未踏の共生社会を築くナビゲーターです。
無いものを創ります。有るものは手伝います。

こんな一説もあります。

猿は森の木から草原に向かった。
人類は月を歩いた。
あなたはどんなリスクを冒しますか?

そう。私たちは、困難があっても、行きたい方向に歩む自由があるのです。
今まで手に入れられなかったものを求めることができるのです。
そこには、勇気や努力が必要です。
でも、不平不満を言いながら我慢するより、きっと楽しい世界が待っています。



タグ:

この記事を書いたスタッフ

鹿島真知子

鹿島真知子

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分