たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2023.01.23カテゴリー:著者:鎌倉御成教室スタッフ

ご家族と作戦会議真っ只中!        ~コミュニケーションの取り組みについて~

こんにちは。御成教室の竹内美貴です。
今回は、私が担当するお子さんの嬉しい報告と、今まだなお好子探しの旅を続けている、
そんな様子をお伝えしたいと思い、ブログを書かせていただきます!

たすくでは、“コミュニケーション”“スケジュール”“タスク・オーガナイゼーション”を『三種の神器』と呼んでいます。それは、発達に凸凹があるお子さんにとって、上記の3つが、世界共通の“無くてはならない必須のツール”と考えているからです。そして、たすくの療育では、それらの三種の神器を活用して、主体的に活動に取り組むことを、最も基礎的な学習としています。今回は、私が担当するお子さんのコミュニケーションについての取り組みをご紹介します!

嬉しい報告がありました😊

先日の療育で、お父さんから嬉しい報告がありました。
「息子が学校で『僕は、プレイルームに、行きたいです』と先生に駆け寄って伝えることができたと、聞きました。少し前までは単語のみの要求だったのに…と、先生はとても驚き、感動していました。僕(父)も、学校でも言えたことが嬉しかったです!」と。
このような日常に見られるお子さんの変化は、私たちにとって、とても嬉しい報告です。
教室でできることには限りがあります。なので、家庭や学校、外出先などでの般化が見られることは本当に嬉しいことです。

入会当初は、やりたい遊び(単語)を独り言のように呟くことが多かったAくん。
お話ブックを使うことで、3ヶ月後には、特に強い要求は、3語を構文し、自ら相手に近寄り、
バーを手渡して伝えることが増えました。(「僕は iPadを やりたい」や「僕は 煎餅を 食べたい」などです)
そして8ヶ月後、3語文の要求を伝えられる場面がたすくと家庭だけではなく学校へと広がりました!

ご家族と一緒に本人の成長を喜び、「もっと伝えたい気持ちを育みましょう!!」と、気合を入れ、『様々な場面でも、相手に近寄り、バーを手渡して、要求を伝える』ことを目標にしました。
そのために、1日20回以上の表出をねらいにご家族と作戦を立てました。

〈作戦1:好きなものを増やそう!〉

Aくんの好きなものや興味があるものの幅を広げられるように、好子アセスメントをしました。
Aくんは電車が好きなので、プラレール・ブリキの電車・電車のマグネットシール・電車の本・電車のチラシなど、電車に関係するもので一緒に遊んでみました。どのおもちゃも1度は、手に取るのですが、すぐに「おしまい」と片付けてしまいました。
うっすら興味を持った電車のチラシも、翌週には興味を示しませんでした。
他にも、シリコン素材の感覚も好きなので、プッシュポップやプッシュポップボール、シリコン製の鍋つかみで一緒に遊びました。差し出されると触って遊びはするものの、自ら手を伸ばして遊び始める様子はなく、好子としては弱いな、という結果でした。

まだまだ好子探しの旅は始まったばかり・・・
これからもご家族と一緒に探し続けます!
そして、竹内は、好子アセスメントは、改めて奥が深いと感じました。

〈作戦2:本人のコミュニケーション行動を書き出そう!〉

Aくんに対して、ついつい自然に手伝ってしまっている行動について書き出すことで、
自然なやり取りから、明確なコミュニケーション行動としての機会に変えられないか、と。
また、それを客観的に分析してどんな言葉に置き換えて伝えたら良いかを考えました。
そのためにも、ご家族に記録をお願いしました。

すると、
「(窓を指差して)僕は 窓を 閉めてほしい」
「(「ピンク」と言って)僕は ピンク色の蓋の 痒み止めを 塗ってほしい」など、
自然に要求を伝えている場面がたくさんありました。
ご両親は書き出す作業を通して、
「周りが汲み取っているコミュニケーションの多さに改めて気づきました。」とおっしゃっていました!(←ここの、気づきが、本当に大切です)

次に、
書き出されたコミュニケーション行動を適切な言葉に変えて、表出の機会にするために、指差しやアイコンタクト、独り言のように話す言葉をカードにしました。
今は、「ピンク」と言っていた痒み止めを塗ってほしい気持ちを、
「僕は クリームを 塗ってほしいです」と適切な表現で伝える練習をしています。
要求の内容や表出の場面も徐々に広がってきましたが、それでもまだ1日5~7回程度です。

私は、引き続きご家族と一緒に好子アセスメントを繰り返すこと、
コミュニケーション行動の記録を取って分析をすることに取り組んでいきたいと思っています!
また、Aくんのことをブログに書きたいとご家族に伝えた際も「どうぞ!」と快く承認してくださったこと、嬉しく思っています。ありがとうございます。
Aくんのコミュニケーションの成長を第二弾としてまたブログを書けるよう、
引き続き好子探しの旅を続けたいと思います!!

タグ:
コミュニケーション好子

この記事を書いたスタッフ

鎌倉御成教室スタッフ

鎌倉御成教室スタッフ

私たちは、発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 TASUC個別療育・鎌倉御成は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指します!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

鎌倉御成

TEL.0467-84-9420

tasuc.com

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町10番4号 B棟2F
鎌倉駅西口を出て、御成通り方向へ徒歩2分