たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2022.03.19カテゴリー:著者:佐藤歌恋

祝!卒園・卒業!大きくなっていく子どもたちを祝いながら思うこと。

こんにちは!たすくの佐藤歌恋です!

卒園・卒業シーズンですね。

横浜教室でも、卒園・卒業を迎える子どもたちが十数名。

心を込めたメッセージカードとプレゼントを渡しながら、

またひとつ、大きくなる子どもたちを、惚れ惚れと眺める日々が続いています。

私たちスタッフも、とても幸せな気持ちになります。

私は、たすく4年目が終わるところ。

ということは、新卒ホヤホヤな私を受け入れてくれた子どもたちも、もう4年分大きくなっており、

その4年の変化の大きいこと大きいこと!

身長がぐーんと伸び、髭が生えたり。長かった髪をスパンと切って、クール系女子になっていたり

贈り物を渡す際に、4年前の姿を思い出し、うるっとなる私です。

療育の中でも、卒業証書授与式の練習をしたり、制服のネクタイ結びの練習をしたりと

自ら大人への階段を登っていく子どもたちが、とても誇らしいです。

こんな日々の中で、ふと「一貫性と継続性っていいな〜」と思うのです。

「一貫性と継続性のある支援体制」これはたすくで大切にしている理念です。

「達成はない、卒業式もない、終わりなき旅だ。」これは私たちが毎朝読んでいる

ナビゲーターの中の一説です。

そうなのです。私たちには「卒業」がないのです。

だからこれからもずっと一緒にいられるのです。

なので、卒園・卒業の言葉にうるっとするのは、「別れの寂しさ」ではなく

子どもやそのご家族に向けた、成長へや子育てへの敬意の気持ちと、

「さあ。これからどんな未来が待っているのだろうか」という期待と、

「これからこんな力をつけていきたい、挑戦の場を一緒に乗り越えたい!」という誓いの気持ちの表れなのだと、私は感じます。

一年前、中学校に進学するのを機に、お引越しをして、教室を移籍したご家族が

教室にご挨拶をしにきてくださいました。

当時、「僕はかっこいい中学生になるんだー!」と言って課題に取り組んでいた彼が

見違えるような青年になっていました。

1年でこんなに変わるものか!と驚きましたが、そんな彼を見て

学校が変わっても、地域が変わっても、教室が変わっても

ずっと私たちは〇〇さんの応援団だよ!と。

たすくの姿勢である「ずっと一緒だよ!」というフレーズが

心の中に響きました。

卒園・卒業される皆様!おめでとうございます!

タグ:
おめでとうご家族たすくプレゼント一貫性先生卒園卒業子ども学校引越し放課後デイサービス早期療育発達継続性贈り物

この記事を書いたスタッフ

佐藤歌恋

佐藤歌恋

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分