たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.05.23カテゴリー:著者:

ドキドキワクワクの運動会

こんにちは!たすく横浜教室の作業療法士、城日菜子です。
少しずつ暑くなり、夏が近づいてきましたね。


もうすぐ運動会という学校も多いのではないでしょうか?
今回は、運動会を控え、組体操の練習を頑張るAくんについてお話ししたいと思います。
Aくんの学校の運動会では、背支持倒立が種目になっています。
初めは背中が床から離れなかったり、保持できても足を伸ばすことができなかったりと、なかなか上手くいきませんでした。

どうして上手くいかないんだろう?
Aくんと相談して、現状の写真を撮って、お手本と比較することにしました。(登録)

「足ばかり気にしていたけど、まずは背中を床から離さないといけない」とAくん。
自分の身体をどう動かすのか、言語化できました。(観念化)

コツがわかったところで、さぁ、いよいよ実行です。
頭ではわかっているけど、なかなか背中が床から離れない!
動きを細かく分けて、まず足は伸ばさず、床から背中を離す練習から取り組むことになりました。(企画)

「背骨が痛い!」と言いながら、何度も練習を繰り返しました。(実行→フィードバック)

じゃあ最後にもう一度写真を撮ろう。と、この日のプチ本番。
背中は半分以上床から離れ、足も真っ直ぐに伸びた背支持倒立ができました!!
できた時の達成感のある表情、自分の写真を見て花丸を書き込む汗だくのAくんの姿は、さながらアスリートのようでした。

一つの運動について、身体をどのように動かせばいいのか考え、実行し、振り返ること。
この一連の流れのことを「プラクシスの過程」と呼びます。
自分の身体をどう動かしていいのかわからない、頭ではわかっているけどイメージ通りに身体を動かすことができない。
プラクシスの過程の中ではこのような躓きが見られます。

Aくんの場合は、まずは登録の段階で、“自分の動きがお手本とどう違ったのか”を考えました。
次に、観念化の段階では、違ったところを言語化し、背中を床から離すと良いことを理解しました。
そして、企画の段階では、背中を床から離すためにはどうしたらいいのか、“自分の身体の部位を意識して実際に動かす”ことに集中しました。
そして、実行とフィードバックを何度も何度も繰り返しました。
このサイクルを何度も回した後に撮った写真は、はじめに撮ったものと全く違うものになりました!!

プラクシスの過程の、どの段階でどんな躓きがあるのかを分析してアプローチ方法を見つけこのサイクルを何度も回すことで、運動目的の達成に向かうことができます。

Aくんは、組体操の練習が始まってから毎日、おうちで練習と筋トレをしています。
はじめはその練習にも気が進まないAくんでしたが、最近は、自ら「やる!」と積極的に取り組んでいるそうです。

身体づくりは、継続することが何よりも大切です。
継続するためには、運動を「楽しい!」と思えることが必要です。
Aくんは、自分の体を思い通りに動かすことができる感触が得られ、楽しくなってきたのかもしれませんね。
小さな成功体験を積んで、自信をつけて、継続する。
難しいけれど、これが上達するための1番の近道です。
Aくんの運動会、「楽しかった!」思い出で終わりますように!

タグ:

この記事を書いたスタッフ

admin_yokohama

admin_yokohama

私たちは発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 TASUC個別療育・横浜センター南は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指します!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分