たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.08.31カテゴリー:著者:

たすくの療育と家庭訪問「ご家族は協働治療者である」〜保護者と一緒に家庭療育の可能な環境を作り上げ,お子さんの力を伸ばしていく〜

こんにちは.たすくの佐藤歌恋です.

本日は,「家庭訪問」について書かせていただきます.

たすくでは,保護者を「協働治療者」と捉えています.

たすくの教本である「たすくの療育」.通称「メソッド本」の1ページ目には

ご家族と協働する』というタイトルのページがあり、その後には

『子育てをする力を付けて,ご家族中心でお子様を育てる』と書いてあります.

「ご家族中心」ということは、来室時以外にも「日々の取り組み」が大切ということ.

つまり,家庭療育が大切ということです!

しかし,家庭療育?家庭の構造化?何から始めればいいの??と疑問に思われる方もいるかもしれません.

そこで,たすくでは,

週に1回の「ウィークリーアセスメント(週に1回,課題の進度の確認を行う日)」や,

電話やiPadを使った日々のやり取りなどのサポートに加えて,

「家庭訪問」をさせていただくこともあります.

ウィークリーアセスメントでご家庭での様子を聞き取り,方法やツールを決め,

日々のやりとりの中から現状の把握と改善をしていく.

さらに詳しく環境を把握させていただく必要のある場合は,家庭訪問で実際に家の中を見せていただき,

一緒に構造化(構造化についてはこちら)をしたり、ワークシステムを整えたり保護者と

一緒に環境を整えさせていただくのです.

環境が整い,ツールが揃い,方法がわかれば,あとは続けるのみ!

相談をしながら,記録をとりながら,一緒に進めていきます.

このように,一緒に生活環境を確認し,実際の行動を想定しながら話し合うことで,

お子さんの生活スキルの自立度が上がったり,

ご家庭での学習の時間が充実したりすることが期待されます.

以前,お邪魔させていただいたご家庭では,学校からの帰宅後や,休日の自由時間を,

どう使うかということが課題に上がりました.

自由時間になると,家の中でふらふらと歩き回ったり,iPadをしたりしているのですが,

「年齢(当時中3)も鑑みて,将来の自立した生活の為に,もう少し時間を有意義に使う方法はないか」

というニーズのもと,本人に出来そうなことを探しました.

将来の自立のために,家事スキルも身につけたい!ということで,

お母さんのお手伝いに取り組むことを決め,

その結果,お洗濯の一連の作業に取り組んでみることに決めました.

洗濯機に服を入れ,表示された分の洗剤を入れる.洗濯が終わったら,洗濯物をカゴに入れ,ベランダの物干しに干す.

ここまでの作業を,いつ,どんなツールを使って,どの程度やってもらうかを,実際に動線を確認しながら

具体的に決めていきました.

「百聞は一見に如かず」

家庭訪問後,このご家庭では洗濯物の取り組みが続いています.

取り組みが上手くいかない時にも,ご家族と実際の環境を共有させていただいているので,

どんなところに難しさを感じているのかも,具体的に話をすることができます.

そのため,本人に最も適した方法を早急に見つけることができ,日々の実践のしやすさに結びつき,

その日々の積み重ねが,本人の力になっていくと考えています.

冬頃には,自由時間に1人で洗濯をし,干して,「お母さん終わりました!」と報告してくるような.

そんな姿を,ご家族と協働して目指していきます!

タグ:

この記事を書いたスタッフ

admin_yokohama

admin_yokohama

私たちは発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 TASUC個別療育・横浜センター南は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指します!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分