たすく

Staff Blog

スタッフブログ

2021.10.24カテゴリー:著者:横浜教室スタッフ

「心を燃やせ!仲間とつながる朗読大会」〜本番に向けた一人ひとりの成長ストーリー〜

こんにちは。たすく横浜教室の鹿島真知子です。

急に10月後半らしい気候になり、服装のチョイスを間違えてしまいそうな日々ですね。
体調を崩しやすい季節ですので、ご自愛くださいね。

この時期、たすくでは、「たすく祭」というイベントを毎年実施しています。
一昨年まではホールを借りて、子どもたちの日頃の療育・学習の成果を発表する場となったのですが、
今年度は、初めてオンライン開催になります。
おめかしして、緊張してホールのステージに上るのも良い経験ですが、
オンラインで全国の仲間と競い合うのも、また、良い経験になりそうだとワクワクしています。

テーマは「心を燃やせ!仲間とつながる朗読大会」です。
仲間とチームを組んで、朗読を披露し、他教室とその成果を競い合います。
優勝を目指して、子どもたちは朗読練習に励んだり、友達と息を合わせることを練習したりしています。

本番に向けて、お子さんにとってそれぞれのチャレンジがあり、一人ひとりの成長のストーリーが刻まれます。

自分のパートを繰り返し練習する中で、発音が鮮明になってきたお子さん。
読む表情が輝いています。

初めは俯きがちに小さな声で読んでいたけれど、胸を張って大きな声で訴えるように読めるようになったお子さん。
立ち姿も凛として、逞しさを感じます。

初めは練習の場に入ることすら躊躇していたけれど、何度も練習の場に足を運んでくれ、徐々にみんなと一緒に並んで座れるようになったお子さん。
今は、すっかり仲良くなり、みんなと一緒に遊ぶことを楽しみにしてくれています。

複数の子どもと行動することが苦手なお子さんも、練習の場面ではしっかりリーダーとしての役割を果たし、休憩の時間は離れて過ごすなど、自ら緩急をつけながら練習に挑みました。
帰宅後は、達成感に満ち溢れた清々しい表情だったとのことです。

発声発語のための構音器官にアプローチするお子さん
言葉を意味のまとまりで捉えることにアプローチするお子さん
言葉の意味を捉え、その言葉を相手に届けることにアプローチするお子さん
友だちの朗読をよく聞いて、タイミングよく自分のパートを読むことにアプローチするお子さん
感覚探求があり、身体を動かしてしまいそうなところを、意図的に身体を止めていることにアプローチするお子さん(もちろん、休憩時間にはしっかり身体を動かします!)

一人ひとりに賞状をあげたい気持ちです!!

本番まで後少し。
全力で、子どもたちのチャレンジを支えます!!





タグ:
チャレンジ仲間成長朗読

この記事を書いたスタッフ

横浜教室スタッフ

横浜教室スタッフ

私たちは発達障がいのあるお子さんとそのご家族のための、一貫性と継続性のある支援体制を創る「たすくグループ」です。 TASUC個別療育・横浜センター南は、最新の研究と科学的な根拠に基づくアセスメントと療育の拠点として、地域に根ざすことを目指します!

教室ページトップへ戻る

個性を理解して、才能を伸ばす

TASUC個別療育

横浜

TEL.045-507-6824

tasuc.com

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央25-2 202号室
センター南駅出入り口1より徒歩5分