山本 春香
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 山本 春香

全ての子どもたちのチャレンジを応援します!

山本 春香

こんな仕事をしています

札幌教室の副教室長をしています。地元札幌のお子さんのために、一生懸命頑張ります。

たすくってどんな会社?

夢に向かって突き進んでいる会社です。満足せず、前進することを止めず、常に新しい目標に向かって発展途上であることを誇りに感じています。また、スタッフ全員が自分たちの仕事に誇りを持っています。様々な職種や立場でありながらも、同じ志しを持つスタッフと共通の目標に向かって一緒に仕事ができ、毎日が新鮮な体験の連続です。

             

たすくとの出会い

札幌の大学を卒業後、作業療法士として、函館の療育センターの作業療法外来で勤務してきました。そこで様々な疾患、年齢の方々や、そのご家族と出会いました。支援環境の地域格差や、地域の中でまだまだ発達障がいへの理解が進んでいないという現実にも直面しました。彼ら・彼女らの人生にとって、本当に必要な療育や支援について日々考えてきました。そんな中、たすくと出会い、「医療という枠組みではできなかったことをやってみたい」、「もっと地域の人たちに、この子たちの魅力や可能性を伝えたい!」と思い、入社を決意しました。

わたしの選んだナビゲーター

「一貫性と継続性のある支援体制を構築する。」
私たちはこの基本理念の下に集い、前人未踏の夢に向けて全員がこれを理解し、全部自分事として受け止めます。

これからの私

作業療法士は、あらゆる人々のチャレンジを応援するための職種だと思います。 全てのお子さんとご家族が、夢を描き、夢に向かって挑戦し続けられるよう、応援していきます。挑戦する子どもたちとそのご家族を支え続けるために、「信念」そして「執念」を持ち、ときにはお節介になって一緒に悩み、そして導いていけるように、日々自分自身を高める努力を続けていきます。

IMG_1093 (1)

 Haruka Yamamoto

札幌円山教室
副教室長
札幌医科大学保健医療学部作業療法学科 卒業
作業療法士・たすく公認メソッドライセンス

札幌市の出身です。大学を卒業後、作業療法士として、療育センターの作業療法外来で勤務してきました。そこで幅広い年齢の発達障がいや肢体不自由の方々と出会いました。外来の枠の中ではやりきれなかったこと、一貫性と継続性のある支援体制作りに魅力を感じ、2018年たすくへ入社しました。