鳥居 麻生
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 鳥居 麻生

笑顔で全力、まっすぐに!

鳥居 麻生

こんな仕事をしています

TASUC国立教室で教室長をしています。
地域に根ざし、「ずっと一緒だよ!」を実現するため、子どもたちやご家族と向き合い、個人別の課題学習や身体づくりを行っています。

たすくってどんな会社?

みんなが同じ方向を向いて一丸となっている会社。インターン時代からこの印象は変わりません。

             

たすくとの出会い

たすくとの出会いは大学3年生のとき。ゼミで見学に行き、衝撃を受けました。療育時に先生とお母さんとで作戦会議や子どもへの教え方の練習が行われていたこと。そして、ご家族同士が悩みや家庭での取り組みなどをお互い話し合って支え合っていたこと…。もっと知りたい!と愛知県から夜行バスでインターンに通いました。インターンで感じたことやボランティアでの経験から、「家族のパワーってすごい!」、その力を信じて一緒になって頑張りたい!と強く思い、入社しました。

わたしの選んだナビゲーター

まだまだやるべきことは山ほどある。だから、私は挫けず、諦めず、投げ出さず、必ずやり遂げてみせる。

これからの私

とにかく笑顔、何事にも全力で向き合います!
そして、人とのつながり、地域とのつながりを大切にしていきたいです。
ご家族とともに、ずっと一緒だよ!の実現を目指して精一杯がんばります!

 Maki Torii

TASUC国立 教室長

愛知県新城市出身。
愛知淑徳大学教育学科卒業。
小学校の同級生とその母親との出会いから、障がいのある本人とその家族を支える仕事に就きたい!という思いを持っていました。大学時代、子どもたちとのキャンプを創るボランティア活動に打ち込み、子どもたちが「ありのままの自分を出せる空間」をつくることに全力をかけていました。そこでの仲間との出会いから、チームで一つのものを作り上げていくことの楽しさ、そして仲間の存在の大きさを感じました。

オフショット

中学から高校まで吹奏楽部でホルンを吹いていました。大学では、授業で子どものためのミュージカルを創り、オーケストラを担当しました!

笑顔、全力で向き合うことがモットーです!
子どもやご家族と「できた!」を一緒に喜び合う瞬間は本当に嬉しいです!

同期のみんなは会うとほっとする存在。離れていても刺激をもらっています。

大学4年間打ち込んだキャンプの活動。子どもたちありのままが出せる場所づくりに全力をかけていました!

仲間からの声

期待の星

いつも笑顔で子供たちやお母さんたちと接しているところがすごい!。みんなが笑顔になって「さようなら」と教室を出て行きます。療育もいつも全力で取り組み、どうすれば、みんながハッピーになるか考えています。これからもっと力をつけて欲しい、期待の星です!(篠原 大一)

真剣勝負

後輩ながら、とても尊敬できる療育者です。お子さんやご家族のことを必死に考え、真剣勝負。見た目に似合わず、芯のある、勇敢な女性です。よく笑ってよく泣くところや、美味しそうにご飯をたくさん食べるところに、仲間意識を持っています。鳥居さんの頑張り無くして、今の豊橋教室はありません。 (神崎 かおり)