山口 拓
スタッフ紹介

日本のために世界のために、彼らと共に学び、共に働く!

山口 拓

こんな仕事をしています

療育や身体づくり、家族会活動の運営を担当しています。教室に来てくださるメンバーさんに元気を与えられるように、また全ての子どもたちが当たり前に夢をみて、その夢に向かって歩めるように、一貫性と継続性のある支援体制を構築することに邁進していいます。

たすくってどんな会社?

人に対して優しく、良い人たちが集まっています。自分の周囲の人たちの幸せのために、自らができることを探し、実行し、また意見を交わし、突き合い、改善してさらに新しいものを作り出そうと、努力を怠りません。
子どもたちに、挑戦と再挑戦を繰り返す姿を、自らの行動で示し続けています。

             

たすくとの出会い

北海道の特別支援学校で教員として働いてきました。当時の職場の諸先輩方から、たすくの研修会を紹介され、参加したのが出会いでした。たすく創業の2年目くらいの頃でしょうか。自信に満ち溢れ、パワフルでとても魅力的な講師が、代表でした。「あの人たちのように、子どもたちやご家族、支援者に元気を与えられるような人間になりたい」との思いでたすくへ入社を希望しました。

わたしの選んだナビゲーター

仕事とは、誇りと自信を持って行い、相手に安らぎと希望を与えなくては何の意味も成さない 私たちがTASUCを築くことこそが、世の中をより良くすることに繋がるという信念をもっています。

これからの私

地元のみなさんと、地元の子どもたちのために協働しながら、一貫性と継続性のある支援体制を作り上げます。それが日本を、世界を良くすることに繋がると信じ、自らも子どもたちや、そのご家族と共に成長し続けます。

 Taku Yamaguchi

たすく療育・札幌円山
教室長
特別支援学校・中学校・高等学校教諭免許・たすく公認メソッドライセンス

北海道江別市出身。大学を卒業後、民間企業を経験。その後特別支援学校にて7年働かせていただき、2016年1月よりたすくに入社しました。
特別支援教育に携わることになったのは本当に偶然でしたが、その魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。多くの子どもたちと出会い、一緒に成長していきたいと思っています。