志田 雪絵
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 志田 雪絵

「子どもたちの笑顔のために」

志田 雪絵

こんな仕事をしています

TASUC国立教室

国立教室では,主にABCウェルネスを担当し、子どもたちの運動をサポートしています。

学校コンサルテーション

アセスメントをし、学校の先生方、保護者の方々と協働するためのお手伝いをしています。

たすくってどんな会社?

何よりも子どもたちの幸せを考え、一人ひとりの思いと向き合い、突き進んでいる会社です。
「ずっと一緒だよ」
この言葉を心の底から言える、実現できる場所だと思っています。

             

たすくとの出会い

「いつか発達障がい分野に関わりたい」
その思いを胸に、卒業後、身体障がい領域の病院にて一年程勤務。そして、現在はTASUC国立のスタッフとして、毎日子どもたちと向き合い、ともに挑戦する毎日を送っています。

わたしの選んだナビゲーター

「いつまでも、ずっと一緒だよ!私たちは、メンバーの無限の可能性を尊重します。」

これからの私

「子どもたちの笑顔のために」

子どもたちが、その親が、笑って暮らせる世の中にするためにはどうしたらいいのか。教室だけではなく、教室の外でも子どもたちの力が発揮できるようにするためにはどうしたらいいのか。まずは日々勉強し、とにかく知識を得る。そして常に改善、すぐに行動。子どもの笑顔のために、挑戦し続けます。

 Yukie Shida

TASUC国立教室 主任療育師
学校等外部コンサル支援 担当
作業療法士

神奈川県藤沢市出身。物心ついた頃には東京都の町田市へ。そして府中市に引っ越し、現在に至ります。

多摩リハビリテーション学院にて作業療法について学び、その際に「発達障がい」と出会いました。発達障がいを勉強していくうちに、自分自身の幼少期を思い出しました。支援を受けていないがために、困っている子どもがいる。子どもを助けたいのに、どうしたら良いのかと困っている親がいる。そんな人たちに、私が少しでも助けることができるなら、力になりたい。そう思ったのが、この分野で作業療法士として働きたい、と思ったきっかけでした。

オフショット

宇宙が大好き。

山より海が好きです。
泳げませんが…

母と旅行に行ったときの一枚。
私のカリズマティック・アダルトです。

動物園や水族館によく行きます。キリンとペンギンが好き。

仲間からの声

魔法使い

私が1番好きなところは、療育や運動の時間にスイッチが「カチッ」と入り、キリッと凛々しい顔に変身するところです。また、実は志田さんは、子どもたちのちょっとした気持ちの変化に気づき、優しく声をかけ、じっくりと話を聞いて、元気な顔に変身させてくれる「魔法使い」なんです。(山下 実花子)

若きエース

我が国立教室のアイドル的存在でもある志田さんは、かわいいだけではない何かを感じさせるオーラを放つ、若きエースです。作業療法士という専門性をベースに、療育や運動プログラムの両輪を支え、さらには学校コンサルテーションも担当するマルチプレイヤーです。(藤沼 由美子)