西澤 文香
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 西澤 文香

ブルーオーシャンを悠々と

西澤 文香

こんな仕事をしています

TASUC鎌倉御成教室で副教室長をしています。
TASUC鎌倉御成の若手として、明るさと元気をお届けします!

たすくってどんな会社?

芯のある会社。
私は大学卒業後、新卒でたすくに入社しました。入社前、鎌倉御成MACの教室長である鹿島先生から「たすくに入るってことは、いばらの道だけど、それだけやりがいのある仕事よ。」と言われ、「いったいどんな会社なんだ!?」と少々びくびくしていました(笑)
入社し、その言葉の意味を実感。しかし、いばらのトゲの痛さなんてちっぽけに感じるほど、多くのやりがいを感じることができる会社です!

             

たすくとの出会い

たすくを知ったのは、大学4年生の夏。発達障がいのある子どもに興味があったこと、作業療法士でOLになるって、なんかかっこいい!
そして、鎌倉で一人暮らししたい!と思い入社に至りました。

わたしの選んだナビゲーター

私たちの影響力に集中し、青く透き通った海を悠々と進んでいきます。

これからの私

「メンバーがそれぞれの得意分野で、たすくとの恊働に関われるような環境創りをする」

たすくが療育本の最初のページでも掲げている、「家族との恊働」。親亡き後でも、愛する我が子達が生き生きと住み慣れた地域で当たり前に暮らして行くために、ひとりでも多くのメンバーが、恊働の輪に関われるような環境創りをしていきます。

まずは、メンバーとメンバーが学びを通して繋がる保護者学習会の充実から実行していきます。

 Fumika Nishizawa

TASUC鎌倉御成 副教室長
学校等外部コンサル支援 担当
作業療法士

東京都国立市生まれ。
2歳から9歳までは八丈島という小さな南の島で多くの自然に囲まれて育ちました。その後、埼玉に引っ越し、埼玉県立大学で作業療法を学びます。
作業療法士を目指したきっかけは、特別支援教育に携わっていた親の影響もあり、「障がいのある人の手助けがしたい」と漠然に思っていたことから。在学中は、「仕事に就く前にいろいろな社会を知りたい」と思い、パン屋、居酒屋、アパレル、ティッシュ配りなどなどたくさんのアルバイトをし、忙しくも充実した学生生活を送りました。

オフショット

趣味は旅行です。国内旅行がほとんどですが、まだまだ行ってみたい所はたくさん!

はじめての一人暮らしで、料理が趣味になりました。
お弁当も毎日つくってます!

鎌倉はおしゃれなカフェが多くて休日も楽しいです

 

仲間からの声

哲学者

西澤さんは、まっすぐでピュアな哲学者です。嘘や偽りは性に合いません。責任感が強く、いつも誠実に仕事をするように心がけています。西澤さんは、これから先、赤にも青にも緑にも成り得る、無限の可能性に満ちた期待の星です。これから先、西澤さんの活躍がとても楽しみです。乞うご期待!!(大澤 淳一)