三浦 祥奈
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 三浦 祥奈

チームで力を合わせてアプローチ

三浦 祥奈

こんな仕事をしています

札幌発達支援室・自立の学校のスタッフとして、療育、早期発達支援、身体づくりなどを担当しています。

たすくってどんな会社?

志を同じくし、燃え盛っている人が集った、熱く一体感のある会社です。たすくのスタッフのキャラクターは、共通していつも笑顔、常にチャレンジし続けています。

             

たすくとの出会い

特別支援学校の教員として働き始めた最初の年に、職場の先輩の先生から誘ってもらい研修会に参加したことがたすくとの出会いです。たすくの療育メソッドを学べば学ぶほど、点と点が繋がったようにわかることが増え、お子さんを理解できるようになっていくことを実感しました。
そして、たすくの理念に触れ、一気にたすくが大好きになりました。

わたしの選んだナビゲーター

民間の力で、社会起業家として、より良い支援環境を目指し、社会貢献を成し遂げてみせよう。

これからの私

「ずっと一緒だよ!」を実現するため、覚悟をもって日々努力します。自分を取り巻く環境や、関わってくれているすべての人への感謝の気持ちを忘れず、明るく前向きに、ただひたすら進んでいきます。

 Sachina Miura

札幌発達支援室・自立の学校
副教室長
小学校・中学校・特別支援学校教諭免許・たすく公認メソッドライセンス

北海道北見市の出身です。一生情熱を持ち続けられそうな仕事に就きたいと考えた結果、特別支援教育の仕事をすることを選択し、北海道立の特別支援学校の教員になりました。
教員として札幌、紋別で働きました。たすくの一員として働くことを決め、入社に合わせて鎌倉に転居。現在は、よこはまセンター南教室に所属しています。