松永 優佳子
スタッフ紹介

ホーム > スタッフ紹介 > 松永 優佳子

ただひたすらに、前進あるのみ

松永 優佳子

こんな仕事をしています

教室部

TASUC国立教室の主任療育師を担当しています。
どんな時も、“ずっと一緒だよ”を実感してもらえる、地域に根ざした教室を、スタッフ一丸となって目指しています。

学校コンサルテーション

学校へ訪問して、お子さん一人ひとりのアセスメントを行っています。
お子さんの状態像を、学校と家庭が共有し、連携していくためのお手伝いをしています。

研究開発

一貫性と継続性のある支援を広げるために、療育のパッケージ化に取り組んでいます

たすくってどんな会社?

常に前を向き、進み続ける会社。その背中について行きたい、いつか追い越したいと思える人たちと、思っている人たちが集い、日々、想いや考えを突き合わせています。
笑って、泣いて、時には怒って・・・人と人との繋がりが何よりも大切な仕事だからこそ、スタッフにもメンバーにも、全力で向き合います。

たすくとの出会い

尊敬するたくさんの人たちに出会い、『私は、この人たちみたいに、人に感動や影響を与えられる人間になれるのだろうか』と、決意半分、不安半分で自分の将来を考えていた時、たすくを知り、とにかく一歩踏み出したい!と、その扉を叩きました。

わたしの選んだナビゲーター

仕事とは、誇りと自信をもって行い、相手に安らぎと希望を与えなくては何の意味も成さない

これからの私

「1人じゃできないことを、たくさんしたい!成し遂げたい!」
仲間と、子どもたちと、そしてご家族と一緒に、笑って悩んで、時には泣いて、たくさんの経験と選択をしていきたいです。
より良いものは、人と人との突き合いの中からしか生まれない!
だからこそ、全力で向き合い、地域に根ざした、一貫性と継続性のある支援を作っていきたいと思っています。
広げてみせる、恊働の輪!

 Yukako Matsunaga

TASUC国立 主任療育師
学校等外部コンサル支援 担当
機関コンサルテーション特命マネージャー
作業療法士

福岡県福岡市出身。木登り大好きで風邪一つ引かずに小学時代を過ごし、少し背伸びをした中学生活と小さなことでたくさん悩んだ高校生活を経て、長崎大学医学部保健学科作業療法学専攻へ入学。たくさん食べて、たくさん笑って、(飲めないなりに)飲んで、振り返ると“バカだな〜”と思うことを、全力でやってきました。
たすくで出会ったたくさんのお子さんやそのご家族から受けた感動や影響を、何倍にもして返したい、いや返してみせると、取り柄のど根性で現在に至ります。

オフショット

大好きなお寿司、食べます!

サメだって、食べます!

大学の卒業式、若い!

埋もれたくなる時もあります。

日本一の山、登りました!

初のアメリカ、時差の怖さを思い知りました。

仲間からの声

愛情と強い意志

松永さんは,いつも前向きでパワフルで、よく食べます!教室に来てくださるお子さんやご家族が、元気にならずにはいられない、そんな先生です。療育でも、松永さんの明るい笑顔に子どもたちは惹かれます。松永さんは、愛情と強い意志で子どもたちの成長を引き出します。(矢部 由美子)

松永魂は永遠に不滅です!

松永さんの療育は、いつも全身でパワーと輝きを放っています。お子さんにとって松永さんは、時に優しいお姉さん、時に語り合える存在。でも厳しく導いてくれます。 私が一番好きな所は、とにかく負けない精神力とど根性です。いつも前向き、ひたむきな松永魂は永遠に不滅です!(山下 実花子)